できる原因に違いがある

ニキビはどれも同じ、そう思っている方も多いでしょう。

しかし、思春期にできるニキビと、大人になってからできるニキビでは違いがあるのです。

できる原因に注目する

10歳〜20歳くらいまでにできる思春期ニキビは、二次性徴でホルモンバランスが大きく変わることでできやすくなります。二次性徴がはじまると、男性ホルモン、女性ホルモンが活発にでるようになります。

男性であっても女性であっても両方のホルモンがでるのですが、このとき女性ホルモンがたくさん出ることで皮脂量が増えて、ニキビができやすくなるのです。

思春期ニキビはその名の通り、思春期に集中してできやすく、ホルモンバランスが落ち着いたら自然と消えてなくなります。

大人ニキビ

対して、厄介なのが大人になってからできる大人ニキビです。

思春期ニキビは、皮脂が多すぎてできていましたが、反対に大人ニキビは「乾燥」が原因となる場合が多いと言われています。また大人ニキビは乾燥以外に「ストレス」「不規則な生活」「食生活の乱れ」「メイクの洗い残し」等いろいろな原因があると言われており、どれを改善していいのか分からず、なかなか治らないというひとが多いのが特徴です。

一番ダメなのが「子供のころは洗ってきれいになったから、いっぱい洗おう」と、大人ニキビを洗いすぎることです。洗いすぎるとどんどん皮脂が流れて、肌の乾燥状態が進んでしまって、悪影響です。

大人ニキビは思春期ニキビとはまったく別物と考えてケアしていきましょう。
原因を探ることも大事ですが、まずは「保湿」が大事です。

顔であってもボディであっても、ニキビができてきたら「乾燥している」というサインなので、保湿をするよう心がけてください。

トップへ