MENU

ニキビを作らないための生活習慣

ニキビ跡を残さないためには、まずニキビを作らないように気をつけましょう。
ニキビは皮脂過多や、乾燥、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどから起こります。

ニキビを作りたくないと思ったら、生活習慣を見直すことは必須です。

まず、皮脂や汚れを身体についたままにしないように、お風呂に入るようにしましょう。
熱すぎるお湯や、冷たすぎる水で身体を洗うと、それが刺激となりニキビの元になります。

半身浴がオススメ

38度〜41度くらいのお湯が良いでしょう。

夏でも湯船につかったほうが、毛穴が開いて汚れが出て行きやすくなります。1日の汚れは泡でやさしく洗う程度で十分落ちますから、ごしごし洗うのはやめておきましょう。

髪を洗ったあと身体を洗うと、身体についたシャンプーやリンスも落とせて効率的です。
お風呂上がりは、顔だけでなくボディも保湿して、肌のバリア機能を高めて行きましょう。

夜暗くなるとともに寝て、朝日とともに起きる、この生活はホルモンバランスを整えるために大切です。寝ている間にホルモンは活発につくられ、体中に行きわたります。

とくに夜10時〜深夜2時くらいが、一番ホルモンが活発にでると言われています。

夜更かしをしたり、不規則な生活を続けていると、ホルモンバランスが乱れてニキビができたり、なかなか治らない原因になるので、睡眠を軽視するのはやめておきましょう。

煙草をよく吸う人、なるべく控えた方が肌のためです。
煙草は血管を収縮させます。

皮膚の細かい毛細血管に血液が行きわたらなくなってしまうと、皮膚の再生や産まれ変わりが遅くなり、ニキビだけでなくしみやくすみ、黒ずみの原因にもなります。血色も悪くなるため、全体的にドス黒くなり、年齢より老いて見られてしまいます。

お酒をよく飲むひとは、量に注意しましょう。
少量のお酒であれば、血行促進効果があります。

しかし、飲み過ぎてしまうと、アルコールの分解のためにビタミンが大量に使われて、ビタミン不足状態になります。ビタミンが不足すると肌はつやや張りが失われ、細菌や汚れ、紫外線への抵抗力も小さくなってしまい、ニキビやシミができやすくなるのです。

ニキビは肌にできるものですが、肌に悪いものができてくるということは、内臓をはじめとする身体のなかも悪くなってきている毒素が溜まってきている証拠です。たかがニキビと思わずに、健康のバロメーターとしてニキビを捕えて行きましょう。ニキビのできにくい、健康な身体を作れるよう、生活も意識して変えて行くことが大切です。

トップへ